介護 寝床上での体位・姿勢変換

体位・姿勢変換
病状によって在位が不可能な場合は、寝たままで過ごすことによって生じるさまざまな弊害を
予防するため、体位を変換して血液循環を良くし、肺や筋肉を活性化させる必要があります。
f0234316_20264193.jpg


介護のポイント
①身体を動かしたり起こしたりするときは、必ず声をかけてから行います。
②まひ・障害・苦痛などを考慮して動かし、安全・安楽を保つようにします。
③患側が下にならないように配慮します。
私のアドバイス
①本人を自分の方に寄せることによって、作業がしやすくなります。
②ひざを曲げることにより、少しの力で身体を動かすことができます。
[PR]
トラックバックURL : http://jm2hyx.exblog.jp/tb/20306810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by jm2hyx-inoue | 2013-08-31 21:02 | 介護 | Trackback | Comments(0)

掛川花鳥園


by さごじょう