介護 衣類着脱

夜と昼、普段着と外出など、毎日衣類を着替えることで清潔を保ち生活にリズムと めりはりをつけましょう。
毎日の着脱することで、自ずと身体を動かすためリハビリの機会となり、さらに気分転換にも役立ちます。

f0234316_1719041.jpg


f0234316_1720011.jpg


f0234316_17203543.jpg


f0234316_17211896.jpg

介護のポイントと留意点
①時間がかかっても、可能の限り自力で行うように声かけし、できないところを介助します。
②ベット上での坐位や離床が可能であれば、寝ているときと起きているときの区別を意識する意味で、
 日中は寝巻きから日常着に着替えます。
③麻痺や痛みがある場合は、健側(動く側)から脱ぎ、患側(麻痺側)から着ます。
私のアドバイス 
①介護者は衣類の着脱の基本(健側から脱ぎ、患側から着る)しっかり覚えるよにする。
②臥位で衣類を着替えるときは、側臥位にして衣類を身体の下に丸め込みます。
[PR]
トラックバックURL : http://jm2hyx.exblog.jp/tb/20331276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by jm2hyx-inoue | 2013-09-04 18:23 | 介護 | Trackback | Comments(0)

掛川花鳥園


by さごじょう