口腔ケアの必要性

『口腔の清潔のポイントと累意点』
1)介護される人の状態把握と介護方法の選択
 全介護の必要な人や痴呆性高齢者であっても、口の中を清潔に保つことは、虫歯や歯槽膿漏の予防だけでなく、
肺炎などの感染症の予防、食欲増進などに効果があり、重要なことである。
寝たっきりの人でも、絶対安静でない場合は、座位を保った姿勢で口腔ケアの介助を行うことが大切である。
また、片麻痺などがあり口腔ケアが自立できない人に対しては、歯ブラシの柄を握りやすくするなど福祉用具も活用しながら、あまり手を出さずに一部介助や見守りなどをする。

f0234316_8302797.jpg


①清拭剤
口腔清拭を使用する液体、うがい薬、レモン水、お茶、冷塩水(1%)、ぬるま湯などをいう。

2)口腔の清潔の方法
①ブラッシング法
 介護される本人が行うことが望ましいが、自力でできない場合は、介護者が相手の状態に合わせて
できないところを介助する。
②うがいができる場合(先口法)
 口をすすぎ、うがいをすることで口腔内の残渣物を防ぎ、爽快感を高めることができる。
③うがいができない場合(口腔清拭法)
【用意するもの】
巻綿子、綿棒、脱脂綿、ガーゼ、清拭剤、ガーグルベースン、コップ、タオルなど。
【手順】
まず、介護される人に口腔ケアの必要性と手順を説明し、自分でできることは自分で行うように同意を得る。
《1》介護者は自分の手を保清を行い、必要ぼっぴんを用意する。
《2》座位又は側臥位をとり、前胸部にタオルをあて、ガーグルベースンを近くに置く。
《3》清拭剤に浸した巻綿糸で歯、歯肉及び口腔内の汚れを取る。
《4》巻綿糸は適宜に取り替えながら行い、口腔内を傷つけないように注意する。
《5》清拭中は口腔内の観察も行う。
《6》歯の表面や舌の汚れなどは、清拭剤を浸したガーゼで拭く。
《7》タオルなどで口の周りをよく拭く。
《8》後始末をする。
④義歯の手入れ
●食後や寝る前は、義歯を外す。
●歯ブラシを使用して表面、内面ともに流水でよく洗う(部分入れ歯は金属もよく磨く)
●使用しない場合は、専用の容器に洗浄剤などを入れた水の中で保存する。
3)形態別の介護の方法
①片麻痺の場合
●立位が保持できる場合は、洗面所などに移動して、介護者は介護される人を支える、又は見守るなどして口腔ケアを行う。
●在位が可能な場合は車いすに移乗し、洗面所などで口腔ケアを行う。
●利き手が重度の麻痺の場合は、動かせる方の手で歯ブラシ、コップを持って口腔の清潔を行う。
②嚥下障害のある人の場合
嚥下障害がみられる場合、うがいなどにより、水分が誤って気管支に入って咳き込んだりするので、口腔ケアでは
十分注意する必要がある。
特に、脳卒中、パーキンソン病、長期臥床などで嚥下障害がある人には十分注意が必要である。
[PR]
トラックバックURL : http://jm2hyx.exblog.jp/tb/21494009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by jm2hyx-inoue | 2014-03-01 09:12 | 介護 | Trackback | Comments(0)

掛川花鳥園


by さごじょう